<< 短歌点(2007年) 朝。 >>

短歌点(2006年)

101△「樹海」
樹海よりくらき闇夜に目を凝らす此処は貴方の胸のあたりか(2006年09月12日 17:37)

107△「鉄」
空ばかり眺めているのは秋だから鉄が足りないわけじゃないんだ(2006年09月14日 15:04)

108△「床」
君んちの猫になりたい丸まって床に眠れば聞ける本当(2006年09月14日 23:27)

110△「地下鉄」
追いかけているのか逃げているのかも解らず飛び乗る2時の地下鉄(2006年09月22日 18:36)

111△「カレー」
チョコレイト一片カレーに放り込む心変わりを君は気付かぬ(2006年09月12日 17:55)

112△「肉」
銀色の錠剤人魚の肉と云ふ罠億年の憂鬱のなか(2006年10月09日 23:14)

116△「マクドナルド」
「同僚」の距離がやさしい徹夜明けマクドナルドでコーヒー飲もう(2006年10月18日 22:29)

121△「メガネ」
戸を閉めてメガネを外す世界から剥がれるための小さな儀式(2006年11月05日 13:31)

125△「残り」
ひめくりは残り三枚一年を千切って捨てるように暮らした(2006年12月28日 22:02)

126△「月」
ついてくる月がきらいだ車窓からふるさと遠くなるのを見ている(2006年11月15日 14:10)

135△「ナイフ」
体温を欲しがるナイフかもしれず林檎くるくるくるくると剥く(2006年12月29日 09:41)
[PR]
by nnote | 2009-04-29 11:14
<< 短歌点(2007年) 朝。 >>