<< 枯れるために。 空白。 >>

本棚。

先日、実家の私の本棚(本棚ごと物置に入っている)をみて、
児童書が多いなーってことに気づいた。

子供の頃、親戚のお姉さんがお盆やお正月に会うたびに、
段ボールいっぱいの本をくれたのだった。
その時は「私のお下がりだから読んで」と、
その言葉のままに遠慮なくいただいていたわけだけど・・。
『鏡の国のアリス』『ふたりのロッテちゃん』『星座の話』
本の名前はうろ覚えだけど、その他伝記物や詩集なんかもあった。

当時私は小学生で、お姉さんは二十代半ば位だったわけで。
二十代の女性が読む本ではなかった気がする。本も真新しかった。
いま思えば、私に読ませたい本を、選んでくれていたのだろう。
毎年毎年本が増えていき、私は本を読む楽しさを知った。


私もそろそろ、自分だけのことではなく、
些細なことでも何か、ひとに、できないだろうか。

本棚をみて、そんなことを考えた。
[PR]
by nnote | 2010-05-27 17:51 | 日日雑記
<< 枯れるために。 空白。 >>