「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:過去短歌( 106 )

完走報告(nnote)

100首詠み終えました。
結局最後は一気に詠んでしまいました。

私の歌を読んで下さった方、
ブログに来て下さった方に感謝致します。
[PR]
by nnote | 2009-08-22 22:28 | 過去短歌

100:好(nnote)

うまれたてのことばをひらく夜がおわるときのあわいそらが好きです
[PR]
by nnote | 2009-08-22 10:31 | 過去短歌

099:戻(nnote)

一首目の気持ちに戻ることはない破片ばかりが乱反射して
[PR]
by nnote | 2009-08-22 10:30 | 過去短歌

098:電気(nnote)

アクリルの毛糸にこもる静電気こころの何処かが罅割れている
[PR]
by nnote | 2009-08-22 09:33 | 過去短歌

097:断(nnote)

遮断機の向こう側からゆく夏が買い物袋を下げて見ている
[PR]
by nnote | 2009-08-22 09:31 | 過去短歌

096:マイナス(nnote)

マイナスと長音符ほどの違いなどどうでもいいよ晩夏は凪いで
[PR]
by nnote | 2009-08-22 09:30 | 過去短歌

094:彼方(nnote)

いつかまたあえるきがするてのひらに君の鉛筆彼方へと虹
[PR]
by nnote | 2009-08-22 09:29 | 過去短歌

095:卓(nnote)

お揃いの卓上カレンダーだった漂いはじめるクレーの九月
[PR]
by nnote | 2009-08-22 09:29 | 過去短歌

092:夕焼け(nnote)

謝ってしまいたかった夕焼けに缶コーヒーは冷えてゆくだけ
[PR]
by nnote | 2009-08-22 09:28 | 過去短歌

093:鼻(nnote)

鼻先が初秋にふれる早朝の路地裏猫と駅までの道
[PR]
by nnote | 2009-08-22 09:28 | 過去短歌