カテゴリ:過去短歌( 106 )

062:坂(nnote)

夢のなか下りつづける夏の坂振り返らない背中陽炎
[PR]
by nnote | 2009-07-03 21:26 | 過去短歌

061:ピンク(nnote)

マーカーのピンクは尽きてもう何もいらないわたしたちはとうめい
[PR]
by nnote | 2009-07-03 21:25 | 過去短歌

060:引退(nnote)

引退の文字を並べるスポーツ紙読み捨てられてはいいろの紙
[PR]
by nnote | 2009-07-03 21:24 | 過去短歌

059:済(nnote)

風も陽も声も眠るよ使用済み核燃料のいのちの上に
[PR]
by nnote | 2009-07-03 06:05 | 過去短歌

058:魔法(nnote)

もう全て棄ててしまった雨空へ魔法のようにあかい紫陽花
[PR]
by nnote | 2009-07-02 17:52 | 過去短歌

057:縁(nnote)

縁日のひよこのその後飛び立てる羽を持たずに青を隠して
[PR]
by nnote | 2009-07-02 17:01 | 過去短歌

056:アドレス(nnote)

アドレスを眺めるばかりえいえんに返信しないメール時雨れる
[PR]
by nnote | 2009-07-02 06:37 | 過去短歌

055:式(nnote)

不確かな自分のための瑠璃一色卒業式の着物が添う今
[PR]
by nnote | 2009-07-02 06:36 | 過去短歌

052:縄(nnote)

月光の中の縄跳び果てもなく円の輪郭刻み続ける
[PR]
by nnote | 2009-06-10 23:21 | 過去短歌

053:妊娠(nnote)

ひとひらの秘密を抱えひだまりを猫と分け合う妊娠を知る
[PR]
by nnote | 2009-06-10 23:21 | 過去短歌