カテゴリ:過去短歌( 106 )

042:クリック(nnote)

点描は青を濃くする何億のクリック届かぬ輪郭刻む
[PR]
by nnote | 2009-05-04 11:25 | 過去短歌

041:越(nnote)

窓越しに産んでしまったものたちの叫びを聴いて過ごす風の日
[PR]
by nnote | 2009-05-03 07:55 | 過去短歌

040:すみれ(nnote)

淡淡と夢を侵蝕するすみれあしたあなたを受け容れましょう
[PR]
by nnote | 2009-05-01 18:06 | 過去短歌

039:広(nnote)

駅前の広告塔はしろいまま言葉が雨になって流れる
[PR]
by nnote | 2009-05-01 08:30 | 過去短歌

037:藤(nnote)

藤棚の下の空気が重たくてはるか真下のあしうらと遭う
[PR]
by nnote | 2009-04-28 20:09 | 過去短歌

038:→(nnote)

受け容れるかたち→→が季節外れのプールに満ちる
[PR]
by nnote | 2009-04-28 20:09 | 過去短歌

036:意図(nnote)

神様の意図からこぼれ落ちて来たいびつな無精卵を並べる
[PR]
by nnote | 2009-04-28 20:05 | 過去短歌

035:ロンドン(nnote)

ロンドンの朝霧の底ひとつぶの色として在る私を探す
[PR]
by nnote | 2009-04-27 17:02 | 過去短歌

034:序(nnote)

序章ひと升目のなかに潜む何かを見つけてしまう
[PR]
by nnote | 2009-04-27 17:01 | 過去短歌

033:冠(nnote)

雨粒の冠を戴せいもうとは四葉のみどりまみれを笑う
[PR]
by nnote | 2009-04-27 16:53 | 過去短歌