<   2009年 05月 ( 47 )   > この月の画像一覧

食器。

昨日は松本市美術館の「柳宗理展」へ行ってきました。
柳さんといえば、バタフライ・スツールや、
スープストックのスプーンなどでもおなじみ。
我が家でもスプーンやフォーク、
パンチングメタルのざるなど使っております。
シンプルでとっても使いやすいです。

展示はどうするんだろう・・・
と思って見に行ったのですが、
椅子や食器類がたくさんあって、
テーブルコーディネートなども興味深く、
あと、スプーンの設計図は緻密で、
シンプルなフォルムはものすごく計算されているのね、って思いました。

札幌冬季オリンピックのトーチホルダーや、
ミシンや洗面、はかりなんかも見ました。
テープカッターが可愛いかったです。

「用の美」の追求とのこと。
ならば、気軽にさわったり腰掛けたりできる
コーナーがあれば、さらによかったのでは。

で、久しぶりの再会がありました。
もう、5年ぶり位で、あああーって小さく叫んでしまいました。
少し世間話をして「また」とお別れをしました。
そう言えば、5年前も「また」と言ったような。
好きなこととかものはそう変らないものです。
きっとまたどこかでおあいできるでしょう。
かすかなご縁に感謝。

もうすぐクラフトフェア。
久しぶりに行こうかなー。


f0206465_7571053.jpg

---------------------------------------*

使わない食器や家具が増えてゆく架空の男と暮らし始めて


題詠blog2007(006:使)
[PR]
by nnote | 2009-05-17 07:57 | 日日雑記

わくらば。

風が強いです。

毎朝雑草を摘んだり、
黄変した薔薇の葉を取ったりしている。

写真はイングリッシュローズの
ウィリアム・シェークスピア2000。
たくさん蕾をつけている。

うちの庭ではこれが一番早そう。
晩秋まで咲いている丈夫な薔薇。

f0206465_947372.jpg

---------------------------------------*

病葉をとりて掌病葉にいのちのいろのうつくしく在り
[PR]
by nnote | 2009-05-16 11:29 | 日日雑記

048:逢(nnote)

鉛筆で白い女を描いていたたぶんあなたは君が逢うひと
[PR]
by nnote | 2009-05-16 11:23 | 過去短歌

短歌点(2009年)

265△「印」
印刷所だった廃墟に死んでゆくゴム手袋と誰かの詩集(2009年04月09日 19:19)

267△「忘」
忘レナイ忘レナイってわらわらと芽吹きの中に取り残される(2009年04月09日 18:12)

273△「空洞」
身の内の空洞に咲く芍薬の崩れる音を聴いて微睡む(2009年05月11日 17:41)

275△「羽」
てのひらに羽音をのせるあのひとがしあわせでいるそれがしあわせ (2009年05月14日 18:16)

279△「女」
考える端から野原脳にはシロツメクサの少女がひとり(2009年05月13日 17:19)

短歌点283△「席」
風景にとけてしまえば楽だろうバスの後ろの席でゆられる(2009年08月05日 18:21)

284△「青」
青の名を思いつくまま呟けば七月の海空はすぐそこ(2009年06月07日 22:31)

285△「柄」
花柄のブラウスのままロールシャッハテストの中に仕舞った双子(2009年08月04日 17:40)

287△「笑」
ゆるやかにしんでゆくもの摘み取れば微笑むようにひらく夕顔(2009年07月18日 20:13)

291△ 「キャンディ」
噛み砕くキャンディ薄荷色の空何処かの街に落ちるミサイル(2009年04月09日 19:17)

292 △「オブラート」
咲くことも散ることも無い種としてオブラートの中過去を飲み干す(2009年08月15日 16:38)

294△「誘」
雨のなかわたしがうすれゆく花野あの日確かに誘拐された(2009年08月02日 12:29)

296△「眠り」
信号の赤がこぼれていく真昼現実という眠りのなかに(2009年05月13日 06:13)

301△ 「望」
望むもの全て投げ出し夏のそら歪なかたちのままでいようと(2009年07月18日 22:35)

302△「コスモス」
白と緋の混ざることなく何処までも漂いゆけば霜月コスモス(2009年10月27日 06:56)

306△ 「雷」
音の無い雷ばかり掌に集めていつか死ぬんだ私(2009年08月05日 18:24)
[PR]
by nnote | 2009-05-16 10:54 | 過去短歌

苦手なことば・もじ。

何となく合わないとか
避けたいことばともじが
いくつかある。
なのでそれに縛られて、
書けなくなったりする。

たとえば「逢」とか。
「あう」の湿度の高低は「逢」→「会」→「遭」なんだろうけれど、
「会」だと軽い感じがする。字面も気になる。
私はやはり「遭」が好きだ。
関係性としてはいちばん薄いけれど。

題詠の次のお題。
どうやって除湿するか、考え中です。

6月、東京に行けそう。
研修だから自由ではないけれど、
久しぶりに手ぬぐいがほしい。
あと宇野さんの絵をみたい。

f0206465_235371.jpg

---------------------------------------*

噛み砕くキャンディ薄荷色の空何処かの街に落ちるミサイル

mixi短歌点「キャンディ」
[PR]
by nnote | 2009-05-15 23:53 | 日日雑記

047:警(nnote)

梟のような眼をした警備員地下駐車場に樹海の気配
[PR]
by nnote | 2009-05-15 17:35 | 過去短歌

ブルーベリーの花。

ブルーベリーが花をつけました。
すずらんみたいで可愛いです。

mixiの短歌点へ3首出しました。
最近、何となく文語調になってしまって、
どっちを選べばいいんだろうと思う。
1首目も、「れる」にするか「るる」にするか未だ迷っています。
まとめて読む場合、絶対どっちかを選択した方がいいと思うんだけど。
悩む~。

f0206465_21554298.jpg

---------------------------------------*

身の内の空洞に咲く芍薬の崩れる音を聴いて微睡む

信号の赤がこぼれていく真昼現実という眠りのなかに

考える端から野原脳にはシロツメクサの少女がひとり  
 (脳:「なづき」で。)



mixi短歌点 (「空洞」「眠り」「女」)
[PR]
by nnote | 2009-05-13 21:56 | 日日雑記

魚。

今日も暑かったですね。
仕事場の大型パソコンの熱気がすごい!
ハーゲンダッツの差し入れがあり喜びました。

北アルプスには未だ雪があります。

写真が撮れなかったので、
涼しい一枚。

f0206465_2130460.jpg

---------------------------------------*

さかなにはさかなのことば仄青くなるまで海に放つ踝


題詠blog2008「005:放」未投稿分
[PR]
by nnote | 2009-05-12 21:32 | 日日雑記

猫。

朝、会社の駐車場で
みーみー鳴いている、か細い声を聞いた。
タイヤが捨ててあって、
その積み重なっている中に居るみたいだ。
でも、姿は見えなかった。

夕方帰る頃、やっぱりみーみー聞こえて来て、
近づいて行ったら、タイヤの山の穴の中に、
親猫がじっとしていた。

暑かっただろうに。
捨て猫がふえていく。

f0206465_032476.jpg

---------------------------------------*

点描は青を濃くする何億のクリック届かぬ輪郭刻む

題詠blog2009「042:クリック」
[PR]
by nnote | 2009-05-12 00:33 | 日日雑記

月。

一昨日も昨晩も、
オレンジ色の月がきれいでした。
今日も晴れそう。
暑くなるかなあ。

f0206465_602836.jpg

---------------------------------------*

月昔ヒトが見たツキ仰ぐとき同じ遠さの君が見上げる


元俳句:「月 昔 ヒトが見たツキ 春朧」
もう、5月半ばなんですけどね。

[PR]
by nnote | 2009-05-11 06:00 | 日日雑記